施術後とケア

アートメイクの後にかさぶたが出来る?メイクのノリは?疑問にお答え

アートメイクは、専用針を皮膚のごく浅い部分に刺して色素を入れていくため、直後は通常のケガと同様に赤みやハレ、痛みが少し出ることもあります。

では、数日経つと施術部分はどのような状態になっていくのでしょうか?また、メイクのノリは大丈夫なのでしょうか?

アートメイク数日後の状態とケア

アートメイク施術数日後の状態

アートメイク施術後2~3日程度過ぎると、施術部分にかさぶたができ始めます。

このかさぶたはムズムズとした痒みを伴う場合がありますが、掻いてしまったり無理矢理はがしたりすることは避けましょう。

皮膚の中の色素が定着する前にかさぶたをはがしてしまった場合、かさぶたと一緒に色素も落ち、アートメイクした部分の色がまだら状態になってしまう可能性があります。

きれいな状態で皮膚に色素を残すには、かさぶたが自然に剥がれ落ちるまでなるべく触れずにして、そっとしておくことがポイントです。

かさぶたを長持ちさせるには?

かさぶたを少しでも長持ちさせるためには、保湿を心がける必要があります。

施術部分を乾燥させたままで放置しているとガサガサとしたかさぶたになり、すぐにはがれやすくなってしまいます。

施術後1週間ほどは、保湿と保護のためにワセリンか、サロン・クリニックで処方された軟膏などを塗りましょう。洗顔は当日だけは避け、翌日になれば通常通りできます。

ですが、かさぶたが完全に落ちるまではタオルなどでゴシゴシとこすらずに、ポンポンと軽く叩くような感じで水分を吸い取るようにしましょう。

施術後のメイクやコンタクトレンズはいつからできるのか?

メイクはいつから?メイクのノリは?

施術後のメイクは、施術箇所以外であれば直後から可能です。

施術部分のメイクは雑菌が侵入したり、クレンジングでこすってしまったりする可能性があるため、1週間はなるべく避けるようにしましょう。

通常1週間を過ぎればかさぶたもすべて落ち、アートメイクをした部分にも通常のメイクができるようになります。

かさぶたが全て落ちた後の肌は以前と変わらず、今まで通りの滑らかなメイクができます。

コンタクトレンズ、つけまつげなど

コンタクトレンズ、つけまつ毛、まつ毛エクステ、アイプチなどは、アイラインのアートメイクを行った場合のみ制限が必要です。

コンタクトレンズの装着は、角膜に損傷を与えてしまう可能性を避けるためにも、施術後4日ほどはメガネか裸眼で過ごすようにしましょう。

また、つけまつ毛やまつ毛エクステ、アイプチなどは施術後10日ほどで使用可能になります。

もしもこれらの装着後に違和感があったり、施術部分に痛みやハレがあったりした場合はすぐにでも装着を中止して、医療機関を受診しましょう。