施術後とケア

気に入らなくなってしまったアートメイクのデザインをやり直すには

アートメイクで色や太い線を最初からしっかり入れてしまうと、「想像していたような自然な仕上がりにならなかった」という場合もあるでしょう。

また、流行によって眉やリップなどの形、色はかわるものです。アートメイクのデザインをやり直すのは簡単なのでしょうか。

ここでは、アートメイクデザインを変更するためのポイントについてみていきましょう。

うすくなってきたときがチャンス?

普段はそれほど気にならないけれど、次にアートメイクするときはデザインを変えたいと考えることもあるでしょう。

デザインのやり直しをするのによいタイミングがあります。

色がうすくなったりまだらになったりしてきたら!

肌は常に新陳代謝を繰り返しています。

そのため、アートメイクを入れる場所によっては、最初は色が均一に定着していたとしても一部がうすくなってくることがあるのです。

不自然な色や形になってきたときに、デザインやり直しを検討するとよいでしょう。

全体的にうすくなってきたときがベスト!

アートメイクはリタッチしていないと3年くらいで色がほとんど目立たなくなります。

このタイミングで新しいデザインに変更することで、肌への負担が少なくすみます。レーザーなどで事前に色素を除去する必要もないのでおすすめです。

うすくなってほとんど元通りになった部分に新たなデザインを追加します。

アートメイクのデザイン変更の流れ!

納得のいくアートメイクにするためには、デザインから真剣に検討することが必要です。デザイン変更の流れやポイントについてみていきます。

カウンセリングが大切!

アートメイクのデザインにこだわったクリニックでは、多くの症例があるので安心して相談ができます。

「普段どのようなメイクをしているのか」「どのような悩みがあってデザイン変更を希望しているのか」をしっかり伝えましょう。

好みと似合うは違うかも?

カウンセリングが進んでいくと、具体的なデザインの下書きと、実際の仕上がりがどのようになるのかをイメージすることができます。

その際には、アートメイクを施術するパーツだけに注目するだけでなく、顔全体のバランスを考えてデザインを施していく傾向です。

そのため、自分の好みと少し異なるけど、より自然で似合うアートメイクを提案してくれることもあります。

できあがったデザインをもとに完成!

自分のフェイスラインにあったバランスのよいデザインができたら、最後に細かな調整をします。

そのときには、「もう少し眉を長くしたい」「細くしたい」などの希望があれば、遠慮なくクリニックに伝えてみましょう。可能な範囲でデザイン修正に応じてくれます。

デザインを変更しやすくするには?

アートメイクは一度しっかり施術すると、デザイン変更が難しくなることがあります。

普段から気になったときに変更しやすいアートメイクにしておくとよいでしょう。

眉にはパウダーアイブロウ!

眉は流行りで太さや形がかわるので、デザインを自由に変更したいと考えるパーツです。

パウダーアイブロウはメイクをしたような自然な薄づきの仕上がりになりますので、デザイン変更にも柔軟に対応できおすすめです。

たとえば、ヘアスタイルや色がかわったときも、リタッチで色を変えたりできます。できるだけ細いベースデザインにそって施術しておくと修正しやすいでしょう。

唇にはグラデーションリップでデザインしてもらおう!

唇も一度くっきりアートメイクしてしまうと、デザイン変更するときに大変です。

デザインを変更したあとは、グラデーションリップで施術してもらうとリップラインからリップにかけて少しずつグラデーションをつけながらぼかしていくので、リップラインが自然にみえます。

デザインを将来変えたいと考えているときには、クリニックに最適な方法を教えてもらいましょう。