安全性と技術

アートメイクのデザイナーに上手い下手はあるのか

 

「落ちないメイク」として有名なアートメイク。どうせなら完璧と思えるものを入れて、すっぴんでも満足できる毎日でいたいですよね。

落ちないからこそ気になるのは、施術をしてくれるデザイナーの技術力。

アートメイクをするからには信頼できるデザイナーと出合って、後悔しないアートメイクを施しましょう。

後悔しないアートメイクの第一歩はカウンセリングから

アートメイクはいつもメイクをしているかのような状態でいられるため、メイクの手間が大幅に省ける便利な技術です。

このように利用価値は高いのですが、万が一施術後の仕上がりが予想したものと違っていた場合は大変です。

アートメイクの除去には、時間と費用、痛みなどの負担がかかります。除去治療は1回の治療できれいに除去できる場合もあれば、数回かかることがあります。

また、除去治療を受けても完全には消えずに薄く跡が残ってしまう場合もあります。

だからこそ、アートメイクをする際にはアートメイクデザイナーとのカウンセリングは十分に行って、デザインに納得してから施術を開始しましょう。

もしもカウンセリング段階で「まだ不安がある」、「デザインに満足できない」、「デザイナーとの相性が悪い」などと感じるようであれば、施術を中止するかサロン・クリニックの変更をおすすめします。

後悔しないアートメイクの第一歩はカウンセリングから、と覚えておきましょう。

アートメイクのデザイナーの上手い下手は影響する?

次に重要なのは、アートメイクデザイナーの技術力と表現力、センスなどです。

アートメイクはデザイナーの技術力があっても、メイクの表現力やセンスが無ければ、その人の顔立ちに合う仕上がりにならない可能性があります。

ですので、アートメイクをする場合は、同じような感性を持つデザイナーと出会うことが肝心と言えます。特にデザイナーの上手い下手が顕著に表れるのは、機械彫りよりも手彫りでしょう。

眉毛を手彫りで施術した場合、機械彫りよりもかなり複雑な技術力が必要になります。毛の流れや長さ、密度、色など1本1本バランスを考えながら専用針で皮膚に色を入れ、毛並みを再現していきます。

そのため、手彫りの場合はデザイナーの技術力や表現力、センスによって仕上がりの違いが出てきます。

一方、機械彫りの場合はカウンセリングで決めた形をそのままベタ塗りで仕上げていくため、デザイナーの個性があまり出ないと言われています。

デザイナーの技術力がよくわからない場合は、手彫りよりはデザイナーの上手い下手にそれほど左右されない機械彫りを選択した方がいいでしょう。

自分に合った技術力のあるデザイナーを見つけるには?

技術力が高く安心感のあるデザイナーを見つけるコツは、そのサロン・クリニックの広告やホームページで公表している施術回数や実績などをチェックするという方法があります。

施術回数が多いデザイナーであれば経験も豊富であり、様々なニーズに応えられるテクニックを持っている可能性があります。また、料金設定も確認してみましょう。

安すぎる料金を提示しているサロン・クリニックの場合は要注意です。

まだまだ技術力の未熟なデザイナーであるため、あえて安い料金設定をして顧客を確保しようと考えている可能性もあります。

同時に口コミサイトなどの情報も参考にしてみましょう。

口コミサイトでは、「丁寧なカウンセリングを行ってくれるか」「衛生的であるか」「満足できる出来であったか」「アフターフォローは十分か」などの情報を確認してみましょう。

もしも、アートメイクをしている友人からの情報があれば、さらに確実です。

友人から施術の様子を聞き、実際のアートメイクの出来を見て、そのサロン・クリニックの良し悪しを知ることができます。

その上で良いと判断した場合、そのサロン・クリニックを実際に訪れてカウンセリングを行ってみましょう。

実績や評判が良いデザイナーであっても、自分に合うかどうかは直接話をしてみないと分からないものです。

カウンセリングで任せても安心だと感じるようであれば、良いデザイナーに出会えた可能性は高いでしょう。