アートメイクの種類

アートメイク施術紹介 白斑編

白斑とは、皮膚の色が抜け落ち、白くなってしまう病気のことで「シロナマズ」とも呼ばれており、故マイケル・ジャクソンもこの病気に悩まされていたといわれています。

周りの目が気になって今までプールや温泉に行きづらいなどの悩みを持っていた人もいるでしょう。

そんな白斑部位をパラメディカルピグメンテーションを用いて、カモフラージュすることができます。

ここでは白斑のアートメイクについてまとめてみました。

白斑ってなにか教えてほしい!

白く抜ける?

白斑は尋常性白斑とも呼ばれ、皮膚の基底層にあるメラノサイトが何らかの原因で減少・消失する病気のことです。

そのため皮膚の色素の一部が脱色され、白くなっていきます。

発症のきっかけは日焼けや怪我など皮膚への刺激やストレスともいわれていますが、確かな原因はわかっていないようです。

白斑のアートメイクはこのような人におすすめ!

ずっと悩んでいた

・光線治療をしたけど治らなかった
・外科的治療法の後のカモフラージュがしたい
・ファンデーションやコンシーラーで隠しているがすぐに取れてしまう
・からだに白斑があることで、水着を着ることが難しい
・顔に白斑がありメイクを落とせない

このような悩みを持っていたが、今まで相談することができなかった人はぜひ参考にされてはいかがでしょうか。

白斑のアートメイクについて教えてほしい!

施術できるクリニックがまだ少ない

白斑のアートメイクは色素が定着しにくい反面、深く入れてしまうと色素が定着しすぎてしまうという難しさがあるようです。

自然な見た目にするために施術を何度か行い、より自然な色合いになるように調整していきます。

そのためには施術者は数多くの経験や技術が必要となってくるでしょう。

まだ白斑のアートメイクを行っているクリニックが少ないので、症例数やしっかりとした技術や経験を持ったクリニック・施術者を事前にしっかりと調べることが重要となってくるでしょう。