アートメイクの種類

アートメイク施術紹介 ヘアライン(生え際)編

ヘアラインのアートメイクと聞いても、まだあまり馴染みがないでしょう。

日本ではまだヘアラインのアートメイクを施術できるクリニックが少ないのですが、実は、韓国ではすでに人気なパーツなのです。

ヘアラインにアートメイクをするだけで小顔効果が期待できるのです。

そんな話題のヘアラインについて、くわしく紹介していきましょう。

ヘアラインのアートメイクはこんな人におすすめ!

このような悩みを持っている人

・小顔に見せたい
・加齢により髪の毛が薄くなってきた
・円形脱毛症がある
・頭頂部のつむじを隠したい
・発毛または育毛中であるが効果がなかなか出ない
・頭皮に傷があるので、髪の毛が生えてこない
・おでこが広くて悩んでいる

ヘアラインにアートメイクを施すことで、悩みから解消されます。

まだまだ知らないヘアラインのアートメイク

どこに?どのように?教えてほしい!

ヘアライン・頭皮のアートメイクの技法は2種類あり、3Dヘアラインとスカルプスキンピグメンテーションと言われています。

3Dヘアラインとは

フェイスラインに沿って毛並を1本1本丁寧に手彫りする技法のことを言います。

そのため産毛を描いたり、富士額を作ることも可能となっています。

スカルプピグメンテーションとは

スキンヘッドの人や頭頂部などに細かいドットをアートメイクで入れていきます。

これは毛穴を表現することが可能な技法となっています。

まだまだ施術できるクリニックが数少ない!

近年アートメイクが流行しておりますが、ほとんどのクリニックが眉やアイライン、リップといった人気のあるパーツのみの取り扱いが多いようです。

そのためヘアラインの施術が可能であるクリニックを探すのは、簡単ではないでしょう。

ヘアラインに興味のある人はこちらのサイトを参考にされるのはいかがでしょうか。

Wクリニック 

https://ameblo.jp/wclinic-artmake/entry-12320891595.html

アートメイクの説明や症例写真も掲載されています。